GoalNoteクラウド

大会をみる

こんにちは!ゲストさん

大会概要

名称 京都FAカップ2018 第23回京都サッカー選手権決勝大会
趣旨 本大会は京都府の第1種の上位チームにより行なわれ、その優勝チームは天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会に京都府代表として出場する権利が与えられる。
主催 主催 一般社団法人京都府サッカー協会、京都新聞
共催 NHK京都放送局、共同通信社京都支局
協賛 株式会社モルテン、株式会社スポーツ館ミツハシ
後援 KBS京都
大会期間 2018年04月21日(土) ~ 2018年05月12日(土)
参加資格 (1)本年度に本協会に登録されたチームで、本協会が定めた方法で選出されたチーム。
(2)選手は当該チームに本年4月10日(火)までに登録されていること。
(3)選手のエントリーは25名までとする。
(4)外国籍選手は1チーム5名までエントリーでき、1試合3名まで出場できる。
(5)チームは試合出場に際し、JFA WEB登録システム「KICKOFF」から出力した選手証、登録選手一覧を印刷、あるいはスマートフォンやPC等の画面が表示することができるようにしておかなければならない。ただし、写真貼付により、顔認の認識ができるものとする。
参加チーム数 4チーム
出場チーム 〔社会人代表(2チーム〕
第1代表 おこしやす京都AC
第2代表 AS.ラランジャ京都

〔大学代表(2チーム)〕
第1代表 立命館大学体育会サッカー部
第2代表 京都産業大学体育会サッカー部
大会方式 トーナメント戦
試合方式 延長あり・PKあり
試合時間 前後半制
45分ハーフ (90分)  / 延長15分ハーフ (30分)
競技規定 (1)4チームによるトーナメント方式で行い、優勝チームを決定する。なお、3位決定戦は行わない。
(2)試合の組み合わせは本協会において決定する。
(3)試合時間はすべて90分間(前後半各45分)とし、ハーフタイムのインターバルは、15分間とする(前半終了から後半開始まで)。90分間で勝敗が決しない場合は、5分間の休憩ののち、30分間(前後半各15分)の延長戦を行う。延長戦のハーフタイムに水分補給等のためのインターバルをとる。延長戦で勝敗が決しない場合は、ペナルティーキック方式(各チーム5人ずつ、決着がつかない場合は6人目以降両チーム1人ずつ)により勝者を決定する。なお、決勝においても同様の方式で優勝チームを決定する。
(3)ペナルティーキック方式の前のインターバルは約1分とする。
(4)審判員はペナルティーキック方式を行うサイドを決定する。
(5)競技規則は本年度公益財団法人日本サッカー協会競技規則による。
(6)選手交代は、メンバー表提出時に登録した7名の中より、最大5名までの交代が認められる。
警告の累積 警告の累積が 2 回で出場停止処分とする。
ユニフォーム (1)ユニホーム(シャツ・ショーツ・ソックス)は、正・副を参加申込書に記載することとし、試合当日は必ず正・副ともに持参すること。
(2)背番号は必ず参加申込書に登録された選手固有の番号をつけること。
試合球 天皇杯試合球(モルテン/F5E5000)を使用する。
表彰 優勝チームには、京都FAカップ、京都新聞杯、NHK杯および共同通信社杯を授与し、次回まで保持せしめる。優勝および準優勝のチームには表彰状を授与する。
なお、優勝チームは、天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会に京都府代表として出場する権利と義務を有する。
その他 本大会はスポーツ振興くじ助成事業です。
当大会に関する
お問い合わせ先
一般社団法人京都府サッカー協会



大会試合結果等の記載内容に関するお問い合わせはこちらへお願いします。
※GoalNoteクラウドの問い合わせ窓口へご連絡いただいても回答できません。

当大会の案内チラシはこちらから(PDF)。印刷の上、会場での掲示にご利用ください。