GoalNoteクラウド

大会をみる

おはようございます!ゲストさん

2023兵庫県社会人サッカーリーグ入替戦

大会概要

名称 2023兵庫県社会人サッカーリーグ入替戦
趣旨 県リーグⅠ部の7位のチームと県リーグⅡ部の2位のチームが対戦し、県リーグⅡ部7位のチームと都市リーグ決勝大会2位のチームが対戦する。但し、関西リーグへの昇格チーム、または関西リーグからの降格チームがあった場合には対象チームは変更となる。
主催 一般社団法人兵庫県サッカー協会
主管 兵庫県社会人サッカー連盟
大会期間 2024年01月21日(日) ~ 2024年01月21日(日)
参加資格 2. 選手資格
本大会の選手エントリーは2023年度に登録された選手の中から、県リーグチームは
最終節で、都市リーグチームは都市リーグ決勝大会の最終戦にそれぞれ、「JFA-KickOff」
の大会エントリーで承認(申請)された者に限る。


参加チーム数 4チーム
出場チーム FC CRESCENT
FC SONHO 川西
ヤンマー尼崎
エストラージャ
大会方式 トーナメント戦
試合方式 延長なし・PKなし
試合時間 前後半制
40分ハーフ (80分)
競技規定 3. 競技規則
「サッカー競技規則 2023/2024」 (公財)日本サッカー協会

4. 試合時間及び勝敗
80分(40分ハーフ)とし、同点で試合が終了した場合は上位チームの勝ちとする。
(ハーフタイムは前半終了後から10分間とする)

5. 選手人数
如何なる事由によらず試合開始時で11名に満たないチームは棄権となり、相手チームの勝ちとする。

6. メンバー表の提出及び交代選手
試合開始40分前までにメンバー登録用紙を本部へ提出する。(試合前ミーティング時)
メンバー登録用紙への記入はスターティングメンバー11名と交代要員11名とする。選手の交代は5名以内とし、ハーフタイムを除く3回以内とする。

7.ベンチ及びグランドに入れる選手数の制限
ベンチ入り人数は、予めメンバー登録用紙に記載された22名と監督・コーチ・トレーナー・主務等の計28名以内とする。
従って、試合前の練習にもこの28名以外はグランドに入ることができない。

 

8.ユニフォーム
(公財)日本サッカー協会が規定する「ユニフォーム規程(2022年2月)」に準ずる。
   br22.pdf (jfa.jp)  ※選手用具に関する運用緩和は適用しない。
〔着用義務〕
チームは、公式競技会の試合においては、当該公式競技会に登録したユニフォームを着用しなければならない。但し、FPがGKを務める場合のみ特例を認める。
〔ユニフォームの色彩〕
1.チームは、公式競技会の試合会場に正・副2組のユニフォームを持参しなければならない。
2.主審は、対戦するチームのユニフォームの色彩が類似しており判別しがたいと判断したときは、両チームの立ち会いのもとに、その試合において着用するユニフォームを決定する。
3.前項の場合、主審は、両チームの各2組のユニフォームのうちから、シャツ、ショーツ及びソックスのそれぞれについて、判別しやすい組み合わせを決定することができる。
4.如何なる理由によらず、貼り番号は認めない。
5.ソックスの上にテープやバンテージを巻く、あるいはアンクルサポーター等を着用する場合はソックスの色と同系色とする。

9.記録員
大会運営側より要請があった場合、チームは記録員1名を派遣する。

10.棄権・失格
棄権、または失格した場合は、如何なる理由によらず、相手チームの勝ちとする。

11.反則退場処分その他
    試合中、退場処分となった場合は規律規定に準じて処罰される。
         また、その他不祥事等により協会の名を汚した場合は(一社)兵庫県サッカー協会規律委員会で処分を決定する。

12.負傷の取扱い
試合中及び近辺での負傷発生の処置は当該チームで行う。

13.器物損傷の取扱い
試合中又は練習中に場内外の器物に損傷を与えた場合、当該チームで弁済する。

 14. 落雷事故防止に関する試合の取り扱いについて
    試合開始後、雷の為に試合を中断し、再開出来ない場合はその時点のスコアに
    より決定する。
    同点の場合は上位チームの勝ちとする。
   試合開始前に中止となった場合は大会運営本部で決定する。

15.参加申し込み
    県リーグチームはリーグ戦最終節、都市リーグチームは都市リーグ決勝大会最終戦の
大会エントリーを持って参加申込として扱う。

16.本大会にはマッチコミッショナーを配置することができる。

警告の累積 警告の累積が 2 回で出場停止処分とする。
ユニフォーム 8.ユニフォーム
(公財)日本サッカー協会が規定する「ユニフォーム規程(2022年2月)」に準ずる。
   br22.pdf (jfa.jp)  ※選手用具に関する運用緩和は適用しない。
〔着用義務〕
チームは、公式競技会の試合においては、当該公式競技会に登録したユニフォームを着用しなければならない。但し、FPがGKを務める場合のみ特例を認める。
〔ユニフォームの色彩〕
1.チームは、公式競技会の試合会場に正・副2組のユニフォームを持参しなければならない。
2.主審は、対戦するチームのユニフォームの色彩が類似しており判別しがたいと判断したときは、両チームの立ち会いのもとに、その試合において着用するユニフォームを決定する。
3.前項の場合、主審は、両チームの各2組のユニフォームのうちから、シャツ、ショーツ及びソックスのそれぞれについて、判別しやすい組み合わせを決定することができる。
4.如何なる理由によらず、貼り番号は認めない。
5.ソックスの上にテープやバンテージを巻く、あるいはアンクルサポーター等を着用する場合はソックスの色と同系色とする。
試合球 モルテン「ヴァンタッジオ4900」
当大会に関する
お問い合わせ先
兵庫県社会人サッカー連盟


大会試合結果等の記載内容に関するお問い合わせはこちらへお願いします。
※GoalNoteクラウドの問い合わせ窓口へご連絡いただいても回答できません。

当大会の案内チラシはこちらから(PDF)。印刷の上、会場での掲示にご利用ください。