GoalNoteクラウド

大会をみる

こんばんは!ゲストさん

お知らせ

8/21 決勝戦のエントリーが確定しました。「参加チーム」欄でご確認ください。

第19回(平成28年度)兵庫県サッカー選手権大会

大会概要

名称 第19回(平成28年度)兵庫県サッカー選手権大会
趣旨 本大会優勝チームは第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会兵庫県代表として出場の権利を得る。(但し準登録チームが優勝した時は、本大会準優勝チームが兵庫県代表チームとなる。)
主催 (一社)兵庫県サッカー協会  NHK神戸放送局  共同通信神戸支局  神戸新聞社
主管 兵庫県社会人サッカー連盟
協力 株式会社モルテン
大会期間 2016年03月27日(日) ~ 2016年08月21日(日)
参加資格 a.チーム資格
兵庫県内に所在地を有し、2016年度加盟登録が完了している第1種の単独チームである事。又、本大会には下記の出場資格を要する。
(1)関西社会人連盟上位2チーム
(2)前年度兵庫県社会人トーナメント大会優勝チーム
(3)兵庫県大学連盟上位2チーム
b.選手資格
2016年度選手登録が完了している者。
本大会の選手エントリーは30名とし、参加選手は(公財)日本サッカー協会発行の選手証を持参する者又は登録が確認できる者に限る。
参加チーム数 5チーム
出場チーム 関西学院SC
甲南クラブ
バンディオンセ加古川
関西国際大学
甲南大学
大会方式 トーナメント戦
試合方式 延長なし・PKあり
試合時間 前後半制
45分ハーフ (90分)
競技規定 3.競技規則
本年度(公財)日本サッカー協会競技規則。
4.試合時間
90分とする。なお、勝敗の決しない時は決勝戦を除き、全てPK戦にて次へ進むチームを決定する。後半キックオフ時間は前半キックオフ時間の60分後とする。
決勝戦は20分の延長戦を行い、なお決しない時はPK戦で優勝チームを決定する。

5.選手人数
如何なる事由によらず試合開始時に11名に満たないチームは棄権となり、相手チームの勝ちとする。事後の処理については(一社)兵庫県サッカー協会規律委員会の裁定による。

6.メンバー表の提出及び交代選手
予め配布したメンバー登録用紙にて、試合開始70分前迄にスターティングメンバーと交代要員7名以内を記入の上、選手証又は登録が証明できるものとともに本部に提出する。選手の交替は前、後半を問わず5名迄随時交代できる。

7.ベンチ及びグランドに入れる選手数の制限
ベンチ入り人数は、予めメンバー表に記載された18名と監督・コーチ・トレーナー・主務等の計24名以内とする。従って、試合前の練習にもこの24名以外はグランドに入ることが出来ない。

8.ユニフォーム
参加申込書で登録された選手固有の背番号の付いた統一されたユニフォームを着用すること。
ユニフォームは常に正・副2着を準備すること。
対戦チームが同色の場合は、原則として組合せ番号の若いチームが正のユニフォームを着用すること。

9.反則退場処分その他
本大会試合中退場処分を受けた選手は、自動的に次1試合出場停止とする。
ただし、負け試合の場合は次の公式戦に反映する。(各都市協会のリーグ戦等)以後の処理は、(一社)兵庫県サッカー協会規律委員会の裁定による。
本大会中に警告2回で次の1試合は出場停止となる。警告は次の別の大会には持ち越さない。

10.選手の不正登録・不正出場の罰則
大会期間中に未登録・未エントリー・二重エントリー等、大会規定に反する行為が発見された時点で当該チームは失格となり、相手チームの勝ちとする。但し、この事柄は既に終了した試合まで逆上って適用されないが、次戦迄の期間に不正が発見された時は、最終対戦チームの勝上がりとする。不正のあった当該チーム及び選手の処置については(一社)兵庫県サッカー協会規律委員会の裁定による。

11.棄権
本大会に参加申込後はいかなる事由においても、棄権することは出来ない。万一棄権のあった場合には、当該チームの処遇については(一社)兵庫県サッカー協会規律委員会の裁定による。

12.参加申し込み
①KickOff から申し込むこと。
締切:当該チーム試合開始日6日前、23:00迄

13.選手エントリーの変更
エントリー変更は、大会事務局に連絡のうえ、試合日6日前迄にKickOffから再申請を行うことで完了とする。

15.落雷事故防止に関する試合の取り扱いについて
試合開始後、雷の為に試合を中断し、再開出来ない場合はその時点のスコアにより決定する。
同点の場合は抽選により決定とする。
試合開始前に中止となった場合は大会運営本部で決定する。

16.備考
(1)試合球は7球、協会で準備する。
(2)参加チームは試合当日に会場設営等に協力を要請することがあるので、担当役員の指示に従うこと。
(3)負傷の取扱い
試合中及び近辺での負傷発生の処置は当該チームで行う。
(4)器物損傷の取扱い
試合中又は練習中に場内外の器物に損傷を与えた場合当該チームで弁済する。
警告の累積 警告の累積が 2 回で出場停止処分とする。
試合球 天皇杯本大会使用球、(準決勝までモルテン「ヴァンタッジオ5000芝用」)
表彰 14.表彰
優勝チームには表彰状、優勝トロフィ-、NHK杯(持ち回り)、共同通信杯、準優勝チームには表彰状、トロフィ-が授与される。
当大会に関する
お問い合わせ先
(一社)兵庫県サッカー協会



大会試合結果等の記載内容に関するお問い合わせはこちらへお願いします。
※GoalNoteクラウドの問い合わせ窓口へご連絡いただいても回答できません。

当大会の案内チラシはこちらから(PDF)。印刷の上、会場での掲示にご利用ください。